千葉に限らず葬儀の時、香典を持ってきた人には香典返しをします。

■香典を送る側としては→【URL:http://president.jp/articles/-/17792

香典返しのマナーについてみていきましょう。

・香典返しのマナー

一般的に香典返しは、四十九日の法要が済んでから、その報告と香典のお礼を兼ねて行うものです。

香典の金額はそれぞれに異なりますが、通常は香典の半返しとなります。

ただし通夜や葬儀の時には、当日返しといってお茶などの品物を渡す事が多いため、この当日返しで既に香典の半返しとなっている場合は、後日改めて香典返しは不要となります。

親族や親しい人の場合は、香典が高額になる事もあります。

この場合は半額以下となっても問題ありませんし、律儀に半返しをすると相手に気を使わせることになるので臨機応変に対応します。

・何を選ぶか?

香典返しにはお茶を選ぶのが一般的というイメージがあります。

しかしこれは仏教の場合ですから、その他の宗教の場合はカタログギフトを選んでもいいでしょう。

香典返しには、のしをつけます。

この場合表書きは、仏教では志、満中陰志となりますが、地域による違いなどもあります。

キリスト教や神式は、偲び草とするのが一般的です。

水引はすべて、黒白結びきりとなります。

のしはギフトショップなどで買うと、ほとんどは無料で付けてもらえます。

・まとめ

千葉で通夜や葬儀の当日返しをしているが、改めてお礼をしたいような場合は、1,000円~2,000円程度のお菓子を渡すのもいいかもしれません。

弔電のみの場合は、特に香典返しは必要ありません。

千葉に限らず葬儀の時に故人への感謝の気持ちとして供物を贈る事があります。

この場合もマナーはあるので注意しましょう。

・供物のマナー

供物は故人への感謝の気持ちです。

贈る場合は故人と親しい関係があった人、親族、会社関係者などです。

それ以外の場合は供物は贈らない方がいいとされています。

贈ってはいけないというわけではありませんが、供物は親しい人に限られるのが一般的です。

香典を贈る場合は供物も供花も意味が同じになるので、香典のみでOKです。

やむ得ない事情で千葉での通夜や葬儀に参列できない時に供物を贈ります。

・供物は何を選ぶ?

供物に何を選ぶかですが、これは宗教によっても変わってきます。

仏教の場合はろうそく、線香、果物、お菓子などです。

キリスト教の場合供物はありませんので、花を贈ります。

神道は果物、お菓子、酒、海山物などを選びます。

仏教は不殺生戒の戒律があるため、肉や魚はNGです。

逆に神道は、線香やロウソクを使った供養はしないのでNGとなります。

・まとめ

供物を贈る場合は自分で手配する事もできますが、葬儀屋に依頼する方がいい場合もあります。

相場は大体5,000円から15,000円です。

供物を贈る時は、送り先が自宅なのか、式場なのかも確認しておきましょう。

一応事前に喪主や遺族に確認をしてから贈るのもマナーです。

中には気を使わないようやんわり断られる事もあるので、確認は必須です。

供物を送り届けるのは、式の開始前です。

式開始前までに届いている事が大切です。

◎お葬式では他にもマナーが色々⇒こんなのもあるの!? マイナーだけど覚えておきたいお葬式の細かいマナー8選|フレッシャーズ マイナビ 学生の窓口