結婚式にはたくさんの花が飾られますし、花束を贈る人も多いので、ゲストは帰る時に花をおすそ分けしてもらいます。

これは幸せをおすそ分けするという意味にもなるので好評ですが、葬儀の場合はどうなるのでしょうか?

・葬儀の時に供花

葬儀の時に使う花輪は大抵造花ですが、供花を贈る人もいるので、葬儀によっては生花が大量に残ってしまう事があります。

結婚式なら喜んで受け取りたい花も、葬儀ではなんとなく縁起が悪いように思えてしまいます。

結婚式では幸せのおすそ分けという意味がありますが、葬儀で何かをもらうというのも正直あまりいい気分ではないでしょう。

しかし葬儀の時の供花は持ち帰り、自宅の仏壇に飾ってもいいのです。

・持ち帰ってもいいの?

不幸を持ち帰ると考えるといい気分ではありませんが、供花を持ち帰り仏壇に生ける事で、故人の供養になると言われています。

千葉にある葬儀社によっては参列者が供花を持ち帰れるように、花束にして渡してくれるところもあります。

供花は持ち帰ってもなんの問題もありませんから、持ち帰り仏壇に供え故人の供養をするのが一般的です。

・まとめ

供花葬儀以外に法要の時にも使いますから、法要の時にも花を持ち帰るように手配しておくといいかもしれません。

ただし千葉のどの地域か、また宗教や風習によってはNGとなる事もあります。

また持ち帰る人の考え方などもありますから、すべての人がこうするとは限りません。

飾る場合は仏壇以外に、玄関や部屋にも飾れます。

大切に思っている千葉の知り合いの葬儀でも、やむを得ない事情で参列できないことがあります。

こういう時のマナーを紹介します。

・葬儀に参列できないときのマナー

千葉での葬儀に参列できないときは、まずその事を喪主や遺族に伝えなければいけません。

葬儀に参列できなくても、通夜に参列できるなら通夜の時に、葬儀に参列できない事を直接伝え詫びておけば大丈夫です。

通夜には参列できないが葬儀に参列するつもりなら、葬儀の時に通夜に参列できなかった事を伝え詫びておけば、事前に伝えなくてもOKです。

では通夜も葬儀も参列できない場合はどうしたらいいでしょうか?

この場合は電話でもいいので、参列できない事を伝え、後日弔問に行きます。

弔意は弔電を打てば気持ちは伝わります。

直ぐに弔問に行ける場合はその時香典を持参しますが、時間が空く場合は香典を郵送しておきます。

・慶次と弔事が重なった場合

中には偶然に結婚式と葬儀が重なる事もあります。

結婚式の場合は数ヶ月前から予定している事ですから、突然キャンセルはしにくいのですが、マナーとしては慶次と弔事が重なった場合は、弔事を優先させます。

これは結婚式はその後も会う事ができますし、お祝いをする事もできます。

しかし葬儀は最後の別れとなるため、後でというわけにはいきません。

まとめ

重なった場合は、慶次よりも弔事を優先しますが、血縁関係がない知り合いの場合は結婚式を優先しても構いません。

血縁関係にある場合は、弔事を優先します。