千葉での葬儀のお礼状について

千葉に限らず、葬儀の後に通夜や葬儀に参列してくれた人にお礼状を出します。

葬儀後のお礼状についてマナーなどを見ていきましょう。

・葬儀のお礼状

千葉での通夜や葬儀に参列してくれた人には、会葬礼状という形でお礼状を出します。

通夜や葬儀に参列できない人は弔電を送りますが、弔電へのお礼も必要で、この場合はお礼状となります。

お礼状にも種類はあって、書き方なども異なります。

葬儀が終わっても気持ちが落ち着かず、やらなければいけない事はたくさんありますが、お礼状は出来るだけ早く投函する事も大切です。

・お礼状のマナー

香典を頂いた方には香典返しをしますが、会葬礼状もお礼状も香典返しとは別の物ですから、改めてお礼状を作成します。

手紙の方が丁寧ですが、ハガキでも問題ありません。

一般的には手紙を選びます。

便箋や封筒は、弔事ですからデザインは控えめにします。

内容は故人の名前が分かるようにして、弔電や参列に対するお礼をします。

差出人の名前を書いて締めくくりますが、お礼は例文を参考にすると便利です。

・まとめ

弔電に対するお礼は本来会って直接伝えるのがマナーですが、遠方の場合はそうもいきません。

弔電へのお礼状は略儀である事を一言添えればマナー違反にはなりません。

締めは始めを拝啓とした場合は、敬具にします。

葬儀後は四十九日の法要の準備もありますから、法要に出席する人には法要のことも伝えておくと安心です。

法要前には改めて案内状を出しますが、この時予定を聞いておくといいでしょう。